THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来!。人生午後3時。紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。

セッカは、幼鳥の雌が巣立ちからわずか1ヵ月ぐらいで、つがいになって繁殖することも

県傷病鳥獣救護センター より
『 セッカは、先が白く扇のように広がる尾、背中の縦斑などがこの鳥の特徴です。この個体は、幼鳥の雌が巣立ちからわずか1ヵ月ぐらいでつがいになって繁殖したり、繁殖期に2回産卵したりすることもあるようです。名の由来は不明。
繁殖期に雄は 「 ヒッヒッヒッ 」 と鳴きながら草むらを飛び出し、空から下降する時は「 ジャジャジャ 」 と鳴きながらこれを繰り返すことで縄張りを宣言します。』
.
.
昨日、舳倉島に遠征されていた鳥見先輩Tさんから、無事に帰宅された旨のメールが届きました。春の離島とは云え、なかなか初見の珍鳥には出会えなかった由・・・大ベテランの方ですから。それでも、ヒメイソヒヨ♂、イナバヒタキ、セグロカッコウを観察されたそうです。さすがですね。
今春の遠征、ままならない自分にとってはウラヤマシキ限り、あやかりたいですよ。



b0346933_06150071.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/05/21 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-05-23 06:18 | セッカ