THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来! 人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。  リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。

モズは、小枝や杭の上で尾を回すように振りながら、獲物が動くのをじっと待つ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 くちばしの先が鋭く鉤状に曲がり、昆虫やカエル、小鳥などを一度くわえたら放さない。小枝や杭の上で尾を回すように振りながら、獲物が動くのをじっと待つ。
宮本武蔵の筆という 「 枯木鳴鵙図 」 は、「 キーキーキー 」 と秋の高鳴きをしている様子か。ときにカッコウに托卵される。全長約20cm 。』


先月のこと、春一番はとっくに吹いた後でしたけれど・・・
折からの強い南風に電線が大きく揺れ、モズはかろうじて留まれましたが、ハクセキレイ、カワラヒワは、止まっても・とまっても風に煽られ、飛ばされていました。
それにつけても、モズのすぐ近くに居て大丈夫なんでしょうかねェ~♪


b0346933_13044237.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017_03_23 撮影 )



[PR]
by gogo3jihh | 2017-04-15 13:15 | モズ