ケリは、全長36cm と、ハトよりやや大きいチドリの仲間

ケリは 『 全長約36cm と、ハトよりやや大きいチドリの仲間。胸と腹の境目に黒褐色の帯があり、よく目立つ。本州各地の開けた農耕地で見かけることが多い。地上で営巣し、昆虫などを食べる。警戒心が強く、飛び立って 「 キリッ、キリッ 」 と鋭く鳴く。これが 「 ケリッ、ケリッ 」 と聞こえ、ケリの名がついたという。』
【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、吉野俊幸 より

ワン子と朝散歩中、霜枯れた田んぼから、けたたましく鳴きながら飛び出しました。


b0346933_19250960.jpg

ご近所の散歩道にて( 2017/02/14 撮影 )




[PR]
by gogo3jihh | 2017-02-15 19:15 | ケリ

御礼・千客万来!。人生午後3時。紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。リンク・フリー、どうぞ、ご随意になさってください。


by gogo_3jih